2021年4月28日

Remember again.

Every sleepless sunrise
Every lonely sunset
Reminds me of the things
I’ve had to leave behind

But just like the seasons come and go
Every rain will come to an end
When all the tears are shed
The pain will come to mend

I know a song inside my memory
I see a distant light in the darkness
Like an answer to my prayers
I hear your words and remember 
again and again

失う度に リフレインのように 
見えない痛み 聞こえない叫び
ありもしない温もりで 心を満たしていた
その冷たさを抱きしめていた
  
繰り返しのごめんねやありがとう
口癖のように 吐き出していた
その言葉の重み 本当の意味
忘れてしまうこと ただ怖くて
Ever since that day
It’s like my time has stopped

鮮やかだった夢は
今は残像になって
Lost in memories of magenta
Tears are falling
again and again

浅はかに願っていたんだ
いつかこの場所に立って
またキミと出会えると

挫ける度に思っていた
自分が間違ってたんだと
目の前で容赦無く回ってく
世界の片隅に
きっとその笑顔が生る(ある)と

叶うはずも無い未来を
描き続けていたんだ
ずっと胸の奥で
Feel it calling
again and again

I know a song inside my memory
Like a distant light in the darkness
I remember again

The sun will rise
and night will fall
When winter melts away
The spring will come
A love begins
A story ends
At times we lose the way
but life goes on

When I feel my world is falling in
And I can’t seem to find my way back in
I hear your words 
And remember
again and again


[和訳]

眠れない夜明け
悲しげな夕暮れ
手放してきたもの
思い出してしまう

でも季節が移り変わるように
止まない雨は無い
涙を流し切れば
痛みも薄らいでゆく

聞こえてくる懐かしい歌が
闇に差し込む光みたいで
まるで祈りのように
その言葉が心に響く
何度も何度も

失う度に リフレインのように 
見えない痛み 聞こえない叫び
ありもしない温もりで 心を満たしていた
その冷たさを抱きしめていた
  
繰り返しのごめんねやありがとう
口癖のように 吐き出していた
その言葉の重み 本当の意味
忘れてしまうこと ただ怖くて
その日から
僕の時間は止まっていた

鮮やかだった夢は
今は残像になって
マジェンタに染まった記憶の中で
涙は落ちていく
何度も何度も

浅はかに願っていたんだ
いつかこの場所に立って
またキミと出会えると

挫ける度に思っていた
自分が間違ってたんだと
目の前で容赦無く回ってく
世界の片隅に
きっとその笑顔が生る(ある)と

叶うはずも無い未来を
描き続けていたんだ
ずっと胸の奥で
蘇ってくる
何度も何度も

聞こえてくる懐かしい歌が
闇に差し込む光みたいで
また思い出すんだ

陽は登り
月は沈み
冬が溶け
春は咲く
命が始まり
物語は終わり
時には道を見失っても
世界は回り続ける

心が折れて
自分に負けそうになった時
君の言葉を思い出すよ
何度も何度も